伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2003年7月 | メイン | 2003年10月 »

2003年9月 アーカイブ

2003年9月17日

2003年9月17日(水)伊豆海洋公園で撮影した海中壁紙

2003年9月17日(水)伊豆海洋公園で撮影した海中壁紙

ブリ【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

海中壁紙

2003年9月18日

2003年9月17日(水)伊豆海洋公園のダイビングログ






海洋公園11  2003年9月17日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年9月17日(水)海洋公園晴30℃北東-弱23℃8m5mmフルスーツ

透明度は悪かった・・・


海洋公園は透明度が良いと勝手に思い込んでいるのですが、今日は透明度が悪かったです。しかし、昨日はもっと悪かったらしいです。
35m位まで潜ると冷たい潮が入っていてかなり透明度が良かったので、ガイドの人は一生懸命で深く潜ろうとしていました。
私としては、透明度より浅いところで安全ダイビングと言う気がして、あんまり深くは行かないようにしました。

バルブは反時計回りにひねると開きます。


2本目の時20m位のところで急に空気が吸いづらくなりました。オーバーホールしたばかりなのに故障かなと思いながら、
残圧を確認すると120になったり30になったり60になったりしていたので、バルブが開いてないのだとすぐ分かりました
で、誰かに開けてもらおうと思ったのですが、スレートに書いて→理解してもらい→開けてもらうと言うプロセスを考えると、
自分で開けたほうが早いなと思いました。また、開けるつもりが閉められたらヤバイような気がしました。
横を泳いでいる人のバルブを確認して開ける方向をしっかりと確認してから、左手でタンクを持ち上げて右手でバルブを開けたら大丈夫でした。
今回の出来事でバルブをどっちにひねれば開くのかを覚えることができました。(反時計回り)
ちなみにバイクに乗っている物まねをする時、両手を軽く握り、右手を手前にひねりながらブーンブーンとやったりしますが、
バルブはバイクのスロットルとおんなじ方向にひねれば開きます。

アオリイカの台風占い


アオリイカは台風が沢山来る年は深いところに卵を産み、
台風があまり来ない年は浅いところに卵を産むらしいです。
戦後最大の台風をはじめ何度も台風が来た去年は、水深40m位のところに卵を産んだらしいです。
と言うことで、アオリイカが深場に卵を産んだ年は台風に注意と言うことらしいです。


下調べ9月16日この日撮影した壁紙費用



9月のログ , 2003年のログ , 海洋公園のログ

2003年9月25日

2003年9月25日(木)城ヶ島のダイビングログ





城ヶ島2 2003年9月25日(木)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年9月25日(木)城ヶ島雲25℃南西(弱)23℃8m5mmフルスーツ

雨が降るかも知れないと言うことだったのですが、ダイビングをしている時は雨は降らず、器材を片付けているときにぱらぱらと降ってきたくらいでした。

今回は耳大丈夫


この前城ヶ島で潜った時ボートダイビングが久しぶりだったためかなり焦ってしまいました。
ロープ潜行なのでゆっくり潜行すればいいものを焦ってしまい、耳が抜けていないのに潜行して見事に鼻血を出しました。
しかし、失敗から学んだ私は海面から顔を出している状態で一回耳抜きして、ゆっくりと潜行することで耳抜きをすることが出来ました。

遺跡?


海底から高さ10mくらい、縦横5m×5m位の巨大なコンクリートの塊を3つ見ることが出来ました。
これは、ケーソンと言うもので海で工事をするときにケーブルとかをかける重りにするそうです。
しかしデッカカッタです。
ケーソンの上部から海底を覗き込むとドロップオフになっていてちょっと面白かったです。
最近のものなので遺跡ではありませんが何百年か経ったら遺跡になること間違い無しって感じです。
ちなみにこのコンクリートブロックはテトリスと呼ばれているみたいです。

晴れていれば・・・


ダイビングサービスに着くなり「透明度良いですよ」「潮が良いですよ」と言われたのでさらに期待しました。
潜って見ると、海の中はかなり見通しは良かったもののやはり暗いという感じはしました。
晴れていて日光が入ればもうちょっと明るかったような気がします。
2~3日前は20mと言う透明度だったらしいですが、ちょっと残念ですね、
私は今日みたいな海のことを「濁っている」と考えますが、城ヶ島では「結構いい」という感じらしいです。
見解の相違って事でしょうか・・・。

鯉のぼり


1本目は海面も海中も穏やかな海だったのですが、2本目は海面は穏やかなのに海中は結構流れていました。
浮上するとき5m位のところで3分間安全停止をするのですが、潜行ロープにつかまっていると
まるで、自分が鯉のぼりの鯉になったようになりました。
この流れに相当ビビっていたらしくロープを握り締め過ぎて、両腕から肩にかけて筋肉痛になりました。

マダイもダイビングメンバー


流れていると魚を間近に見ることができてとても楽しいです。
お造りにしたら1万円はくだらないと思われる立派なマダイが2本目潜っている時間ずーっと私たちの周りをうろうろしていました。
あまりにいつも一緒にいるのでマダイもこの後ログ付けに一緒に参加するんじゃないかと思うくらいでした。


下調べ9月25日この日撮影した壁紙 なし費用



9月のログ , 2003年のログ , 城ヶ島のログ

About 2003年9月

2003年9月にブログ「初心者ダイバーのブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2003年7月です。

次のアーカイブは2003年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ