伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

« 2003年12月 | メイン | 2004年3月 »

2004年2月 アーカイブ

2004年2月23日

耳鼻科を変えました

NHKの今日の健康で花粉症のことをやっていたので見ていました。薬物療法についての話で、症状が鼻水くしゃみの人は抗アレルギー剤を飲んで、鼻づまりの人は抗ロイコトリエン剤と言う薬を飲むと良いということを言っていました。

片方だけ詰まる方が気になる。
私は、漢方薬が効いているみたいで鼻が通るようになりました。最初は、ただ「鼻が通るようになった!!」と喜んでいたのですが、「通っているのはいつも左側だけで、右側はいつも詰まっている」と言うことにだんだん気がつきました。両方とも鼻が詰まっていた時は、「鼻が詰まるのはある程度仕方がないかな」という諦めがあったのですが、人間というのは面白いもので、左側の鼻が通るようになると、右側の詰まりがとても気になるようになってきました。

薬違う?
私はスギが飛ぶ時期も含めて一年中鼻がつまっていると言う症状です。耳鼻科のお医者さんも私の鼻を毎週見ていて「詰まっている」と言っていますし、私も「鼻が詰まる」と症状を、言っています。それなのに、今飲んでいる薬は抗アレルギー剤のクラリチンです。鼻づまりが治らないわけがなんとなく分かりました。 2年通っても鼻が詰まったままで、テレビの話によるともっと効く薬があるらしい。
病院変えてみようかなと思いました。

病院でのやりとり
で、以前鼻のレーザー手術をしようと思ったときに目を付けておいた、お医者さんに行ってみることにしました。

医者「どうしましたか?」
私「鼻が詰まるんです。」
医者「何時ぐらいからですか?」
私「2年前くらいからです。2年間ずっと耳鼻科に通っていたのですが、治らないんです。今日はレーザー手術が効くかどうか相談にきました。」
鼻を見る

医者「(鼻が)曲がっているね、曲がりを治して、ついでに余分な粘膜を切り取る手術した方が良いかもしれない。入院になるけど。」
私「え~・・・。」
医者「そこまでの覚悟はないの?でも、鼻曲がっているとレーザーやりにくいからね」
私「はぁ・・・」
医者「でも、鼻の粘膜が腫れているから一応レーザー手術の適正はあると思いますよ、でも、レーザーは人によって効いたり効かなかったりするし、効くかどうかはやってみないと分からないですよ。」
もう一回鼻を見る

医者「今まで通ってた耳鼻科ではなんて診断されてるの?」
私「診断名とかは聞いたことないです。ただ、椅子に座ってるだけですから・・・。」
医者「されるがままなのね(笑)じゃあ、本当にアレルギーがあるかどうか検査してみましょう。」
血を抜かれる

医者「1週間後に結果が出るからまたきてください。そのときレーザー手術やるかどうか決めましょう。今薬をもらっていますか?」
私「クラリチンを飲んでいます。」
医者「クラリチン効いていますか?」
私「あんまり効いているかどうか分からないですねぇ」
医者「じゃあ、鼻づまりに効く薬があるんだけどそれ飲んでみますか?チョット高いけど」
私「はい。お願いします。」

今までと明らかに診察の仕方が違いました。
お医者さんとずいぶん会話したなぁと思いました。

相談するために耳鼻科を変えました。
本当ならば、2年通っていたお医者さんに相談すべきところですが、処置が終わると、処置椅子近くに立ったまま待っている次の患者の名前が呼ばれます。一時間に何人見られるか?競争しているみたいな感じがあり、相談する雰囲気ではありません。何度か相談しようと思いましたが、私には無理でした。結果的に相談するために耳鼻科を変えたような感じになりました。

2種類の耳鼻科
小耳に挟んだ噂によるとによると、鼻吸引とネブライザーを中心とした処置を流れ作業のように行う耳鼻科と、手術も含めていろいろな治療方法を模索してくれる耳鼻科の2種類あるそうです。私の場合今まで2年間通った耳鼻科は前者で、これから通おうとする耳鼻科は後者のようです。どっちが良いのかはまだ分かりませんが、私としてはいろんなやり方を説明して選ばせてくれそうな方が好みのようです。

レーザー手術

About 2004年2月

2004年2月にブログ「初心者ダイバーのブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2003年12月です。

次のアーカイブは2004年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ