伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

三宅島のログ アーカイブ

2008年11月21日

2008年11月19日(水)三宅島のダイビングログ

三宅島016 2008年11月19日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年11月19日(水)三宅島晴雲11℃西-強23℃15mロクハン

昨日の夜からもの凄い西風。
トイレで手を乾かすやつみたいな迫力。
しかも、今季最強の寒波がやって来て、気温がぐっと下がっている!!
今日潜れるのか・・・
そもそも東海汽船は出るのか・・・
と、心配な朝でした。

西風が強いほど・・・


ウェットスーツに着替えたけれど、
海を見て潜れないことを確認して帰ってくるのかと思ったのですが、
昨日より風が強いのに、釜ノ尻は昨日より静か・・・
釜ノ尻はそう言うポイントらしいです。
沖の方へ向かう流れも、昨日に比べて弱い感じ。

カメ


また沢山カメを見られました。
どうやらカメが好きみたいなので嬉しいです。

今日は初めて水面へ呼吸をしに行くウミガメを見ることが出来ました。
沖縄でボートから見たことはあったのですが、
水中から見たのは初めてです。

しかし、イボイボのカメがいました。
一時はフジツボが付いていると言われていたらしいのですが、
実はフィブロパピロマというウィルス性の病気のようです。
カメ自身はどう思っているのか分かりませんが、
私が見る限り痛々しいです。
ちなみに、日本ウミガメ協議会と言うのがありました。

帰りの船が揺れまくり


朝の心配事は潜れたし、船にも乗れたので良かったのですが、
今季最強の寒波が来ている中の航海は凄い迫力でした。

港は島影でとても穏やかだったのですが、
出港した途端に凄い揺れ。
港の様子を見るためにデッキへ出ていたのですが、
そこから自分の席にたどり着くまで、大変でした。
普通に歩いているつもりが、いつの間にか欽ちゃん走りになってしまう感じです。
最初は面白かったのですが、段々怖くなってきたので、横になって寝ていました。

幸い気持ちが悪くなることはなかったのですが、
船を下りたのに、24時間以上揺れていました。
船にも二日酔いがあるようです。

11月19日(小潮)
干潮満潮干潮満潮
潮時02:4910:4615:4820:06
潮高32cm133cm111cm125cm

この日撮影した壁紙費用

11月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年11月18日(火)三宅島のダイビングログ

三宅島015 2008年11月18日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年11月18日(火)三宅島晴18℃西-中23℃15mロクハン

鼻血は出なかった


先月潜ったときは、鼻血が出まくりで、
今回も鼻血出ちゃったらどうしようと心配だったけれど、
大丈夫でした。
やっぱり、風邪気味の時に潜ったらいけないな。

カメ沢山


カメのよく見られる釜ノ尻では沢山カメが見られました。
でも、写真は上手く撮れなっかった。
写真撮るより生で見ていた方が楽しいな。

ちょっと濁っていた


最近三宅島に低気圧が来ていたようで、その濁りが残っているみたいでした。
それでも、6時間船に乗っただけあって、気になるほどではなく綺麗でした。

捕食シーン


エソが青い魚(多分ハナハゼ)をくわえていました。
口を動かす度に、どんどんハナハゼがエソに食べられていっています。
シャッターチャンスと思い、近寄っていったら・・・
エソがビックリしてハナハゼを逃がしてしまいました。
う~ん、
エソの邪魔をしたというか、
ハナハゼを助けたというか・・・
なんだか、嬉しいような悲しいような、複雑な感じになりました。

風と波


午後になったら、風が強くなってきました。
波も凄いかも。
潜っている最中ゆらゆらしていました。
エギジットの時、大きい波に翻弄されてハイハイして上がってきました。
若干死ぬかと思いました。
11月18日(中潮)
干潮満潮干潮満潮
潮時01:5109:4514:1819:02
潮高17cm139cm116cm140cm

この日撮影した壁紙費用

11月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年10月11日

2008年10月08日(水)三宅島のダイビングログ


三宅島014 2008年10月08日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年10月08日(水)三宅島雨21℃北東-強26℃10m5mmスーツ

強風


朝起きたら、もの凄い風。
潜れることよりも、船が出るのかが気になる感じでした。

諦めがつくようにと、
色んなポイントを偵察して潜れないことを確認してから、
伊ヶ谷へ。

本当に、防波堤の中を潜るんですね・・・。

防波堤の中でも、結構タプタプしています。

防波堤からエントリー。
こんなの初めてです。

ジャイアントエントリーは、
水面近くのボートからやったことはありますが、
水面から1mも飛ぶなんて・・・

でも、やってみたらそんなに大したことありませんでした。

ひとりでできるもん

左手でホース類をまとめつつ、マスクを押さえて、
右手にカメラを持って高く挙げてジャイアントエントリー。

着水してから足を閉じるようにキックすると、
カメラは水没せずに、着水時の水圧を受けません。

コンパクトなカメラなら、誰かに渡してもらうよりも、
こっちの方が素早いです。

海の中


エントリーして、水が冷たいのであれっ?と思ったのですが、
潜ってみると、暖かかったです。

水面近くが冷たいのは雨のせいらしいです。

外は暴風雨(三宅島では普通)で寒かったので、
海の中が余計に暖かく感じました。


これだけ風が吹いて、タプタプしていれば、
透視度5センチかと思いきや・・・
10m位は見えていました。

浮遊物が舞ながらも、海が青い。

さすが、三宅島。
船に6時間乗っただけの事はあります。


最初は防波堤の中か・・・
と思いましたが、
潜ってみたら、悪くありませんでした。

こんな風が吹いても、
これだけ潜れるのは凄いです。






10月08日(長潮)
         干潮満潮
潮時03:3219:31
潮高53cm126cm






この日撮影した壁紙 費用

10月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2008年10月07日(火)三宅島のダイビングログ






三宅島013 2008年10月07日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2008年10月07日(火)三宅島晴雲25℃北東-弱26℃15m5mmスーツ

海の様子


波がありました。
どのポイントも潜り放題という感じではなくて、
大久保浜か、伊ヶ谷と言う感じでした。
で、
今日は2本とも大久保浜。

海が揺れ浮遊物が多かったですが、
海は青かったです。

珊瑚もあるし、魚もいっぱいいるし、
大久保浜は何度潜っても楽しいなぁ。

風邪っぽい時に潜ったら・・・


治ったはずの風邪が2日前に、ぶり返してきた感じがしました。
でも、まあ耳抜き出来るから良いかと潜りました。

エントリーして水深1mにも満たない所で、右側のおでこに少し痛みが・・・
なんか変だなと思ったものの、そのまま潜っていました。
すると、エギジットしてみると鼻血・・・
鼻血は久しぶりです。
でも、耳抜き出来たのに・・・

そう言えば、
耳抜きできなかったときは、
鼻水に血が混じる感じで、
エギジットの時に1回鼻をかめば、
それから血が出ることはないのですが、

今回は普通の鼻血が・・・
これが、サイナススクイーズらしいです。

やっぱり風邪っぽい時は潜ってはいけません。

副鼻腔のうちおでこの辺りは前頭洞<ぜんとうどう>と言うらしく、
サイナススクイーズの起こりやすい所らしいです。


カメラ買い換えたいな


一緒に潜っていた人達が、最近のカメラを持っていました。

もう、今更マクロで20センチまでしか寄れないなんてカメラはありません。
通常モードでも20センチくらい寄れたりします。。

買っちゃおうかな~

携帯のカメラでも320万画素だもんなぁ。
さすがに、200万画素は無いよなぁ。

透明度の良い時は、どんなカメラでも良いんだけれど、
今日みたいにちょっと浮遊物が多かったり、イマイチ太陽の元気がなかったりすると、
マクロをやってみたくなったりします。

やっぱりぞんざいに扱っても大丈夫そうなμ1030SWが、良いかなぁ。






10月07日(小潮)
         干潮満潮干潮満潮
潮時02:3310:0413:3219:15
潮高45cm113cm106cm134cm






この日撮影した壁紙 費用

10月のログ , 2008年のログ , 三宅島のログ

2007年5月17日

2007年05月16日(水)三宅島のダイビングログ






三宅島012 2007年05月16日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2007年05月16日(水)三宅島晴20℃東-弱19℃10m5mmスーツ
フードベスト

海は昨日より凪いでいたようだけれど、濁りは酷くなっていたようでした。

今日も、富賀浜で潜ったのですが、いろんな意味で本当に凄いポイントです。
黙々と一歩一歩慎重に歩を進めてやっと海面について、
帰りも同じように慎重に帰ってきます。

富賀浜のゴロタの上で考えていること


ゴロタの上を歩いている時は、
次に足を乗せる石を見つけては、ちょっとだけ足を乗せて滑らないかどうか、石が転がらないかどうかを確かめながら進みます。


確かめると同時に、


「転んで、骨折したらヘリコプターで運んでくれるだろうか・・・」


「痛い思いをしながら、東海汽船を乗るのかな・・・」


「開放骨折なら運んでくれるだろうけれど、単純骨折や靱帯切断ならどうかな・・・」


「でも、観光客だから特別な扱いを受けられるかな・・・」


などと、妙なことを考えてしまいます。


そんなことを考えながら歩いているので、
崖に作られた木製の階段を上り、駐車場にある車の前で器材をおろすと、
正直
「あ~無事に帰ってこれたぁ」とホッとします。


今回はそれほど透明度が良くありませんでしたが、テーブルサンゴがあったり回遊魚がいたりと本当に凄いポイントです。

ツバメウオ

アカククリをツバメウオと勘違いた事があるので、ツバメウオだと言われてもアカククリなんじゃないかと思ってしまいます。
で、アカククリとツバメウオの違いは何かというと、口がとんがっている物がアカククリで、そうでもない物がツバメウオらしいです。
その他にも、アカククリは成長する程上下のヒレが短くなっていく、幼魚の時は真っ黒でオレンジで縁取られているらしいです(だからアカククリ)。
と言う違いがあるようです。


今度海で見た時は自信を持ってアカククリとツバメウオの違いを見分けたいと思います。






05月16日(大潮)
         満潮干潮満潮干潮
潮時03:3710:3117:2622:45
潮高145cm-1cm145cm83cm






この日撮影した壁紙 費用

5月のログ , 2007年のログ , 三宅島のログ

2007年5月16日

2007年5月15日(火) 三宅島のダイビングログ





三宅島011 2007年05月15日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2007年05月15日(火)三宅島晴20℃南西-強19℃10m5mmスーツ
フードベスト

去年の12月6日以来、
半年ぶりのダイビングになりました。

いきなり富賀浜


富賀浜の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

段々海が荒れてくるかも知れないと言うことで、
いきなり富賀浜に潜ることになりました。

富賀浜はサンゴがとてもきれいなポイントなのですが、

テーブルサンゴの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

崖を階段で降りて、人間ほどの大きさがあるゴロタの上をよたよた歩いていきます。

万一転んだら、ただではすまない感じですが、
それでも、それに見合うだけの海です。

沖には白波が立ち、風も10mほど吹き、あまり良いコンディションとは言えませんでしたが、
壮大なテーブルサンゴも見れて、カメも見れて、カンパチも見れてと・・・。
盛りだくさんのダイビングでした。

午後は大久保

午後は、海の調子が悪くなり、大久保浜に行きました。

大久保浜の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

大久保浜は浮遊物が舞っていてあまり透明度は良くありませんでしたが、
それでも10mは見えていました。

海底の砂に茶色っぽいなコケがベッタリと張り付いていたのですが、
どうやら、
最近、黒潮が遠のいているので、潮が止まっているらしいです。
潮の流れが無いので砂がかき混ざらないんだなと思います。

ニザダイの群れはすごい数で見ていて面白かったです。

ニザダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

05月15日(大潮)
         満潮干潮満潮干潮
潮時03:0609:5016:3422:02
潮高140cm14cm140cm75cm

この日撮影した壁紙費用

5月のログ , 2007年のログ , 三宅島のログ

2006年12月 6日

2006年12月06日(水)三宅島のダイビングログ






三宅島010 2006年12月06日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年12月06日(水)三宅島雲16℃北-弱17℃15mロクハン


フィン早く脱ぎすぎ・・・


やはり、冬は風が強いので波が高くなりがちです。
その為、エントリー・エギジットに手間取ると波にもまれたりします。
いつもフィンを脱ぐタイミングが早いなと思っているのですが、
早めにフィンを脱いで足が着かずにおっとっととやっているうちに、
さらに沖に流されたり浜に近づいたりしているうちに
大きめの波が来て、のまれます。のまれた時のために、
完全に陸に上がるまではレギュレターで呼吸するようにしています。
その対策よりも、波に飲まれないようにするのが先なのですが、
どうも、波にビビリ「早く上がろう」と焦っている様で早くフィンを脱いじゃうみたいです。

根の上は揺ら揺ら


こんな波の状況なので浜近くの浅いところは結構濁っているのですが、
少し沖に出るだけで、何事も無かったように見えるようになります。
根の上の浅いところは、ゆらゆらと揺らされるのですが、濁っていません。

揺ら揺ら撮影法


ただ魚を見るだけなら問題ないのですが、写真を撮る時この揺れは、なかなか厄介です。
体を固定しようとは思わずに、波のゆらゆらされながらカメラの設定を確認しながら
波の動きを覚えてシャッター半押しでタイミングを見計らい、
エイッと押せば大体うまくいくような感じです。
根の上は明るいのでシャッタースピードが速いのであんまりブレずに済むんだと思います。






12月06日(大潮)
         満潮干潮満潮
潮時06:3511:2416:35
潮高148cm105cm156cm




この日撮影した壁紙費用


12月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2006年12月 5日

2006年12月05日(火)三宅島のダイビングログ






三宅島009 2006年12月05日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年12月05日(火)三宅島雲晴16℃西-弱17℃15mロクハン


やはりロクハンは暖かいです。風がふいても表面がすぐ乾くので寒くないですし、
しばらく着ていたら逆に暑く感じたりもしました。

ロクハン苦しい・・・。


でも、ロクハン苦しいです。元々生地が分厚くて潜りにくいと言うのもありますが、
縮んだか、私がいつの間にか成長してしまったのかもしれません。


で、2本目も苦しかったのですが、潜っている最中、首のところをめくって海水を入れてみたら
苦しさは解消されました。海水が冷たいのは一瞬だけでそんなに気になりませんでした。
もっと早く気がつけばよかったです。

キビナゴの群れ


海の中をふらふら泳いでいると小さい小魚が2~3匹横切りました。
「なんだろうなぁ?」と小魚たちに目をやっていると、さらに小魚たちが通り過ぎていき
気がつくと小魚たちの群れに囲まれていました。
ものすごいスピードで横切っているのにしばらく見れていたので、
軽く数万とか、数十万はいたんじゃないかと思います。
すごい迫力でした。


ツバメウオ?


ガイドさんが指をさすので、そっちを見てみるとなんか銀色の塊のようなものが見えました。
その塊はすぐに行ってしまってなんだか分からなかったのですが、
陸に上がってからツバメウオだったと聞きました。
もっとよく見てみたかったです。






12月05日(大潮)
         満潮干潮満潮干潮
潮時05:5110:4716:0023:19
潮高149cm103cm156cm-6cm



この日撮影した壁紙費用



12月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2006年11月 8日

2006年11月08日(水)三宅島のダイビングログ






三宅島008 2006年11月08日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年11月08日(水)三宅島晴20℃西-弱19℃15mフードベスト
5mmフルスーツ

青い海
昨日の2本目は海況が悪く入れませんでした。海は見える範囲すべてに白波が見える感じで、「よく午前中海に入れたな・・・」と思いました。
しかし、朝になってみると風は収まり、何とか潜れるようになっていました。

意外と見えてます。


波打ち際の透明度は悪かったのですが、
チョット下の方へ行くと浮遊物は多いものの15メートルくらいは見えていました。
昨日あれだけ海の中がかき回されていたのに、これだけ見えるのは凄いなと思いました。

コロダイ

良い加減


昨日浅場は21℃。下の方は18℃という温度差に震え上がったのですが、
温度差もなくなり20℃くらいになっていました。
これだと、5mm+フードベストでも大丈夫です。


昨日の波がお風呂のかき混ぜ棒みたいな感じになって、良い水加減になっていたのだと思います。

岸に打ち上げられる


エギジットの時、波が凄いので波が収まるまで水面で待機するように指示されていて、
そのつもりだったのですが、ス~っと言う感じで岸に寄せられて気が付くと
でっかい波がこちらに向かって迫ってきていました。
思わず「ヤバイ」と口にしたものの、どうしようもなく岸に打ち上げられていました。

ウミガメ






11月08日(大潮)
         干潮満潮干潮満潮
潮時00:1107:1512:1017:28
潮高3cm151cm104cm160cm



この日撮影した壁紙費用



11月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2006年11月 7日

2006年11月07日(火)三宅島のダイビングログ






三宅島007 2006年11月07日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年11月07日(火)三宅島雲20℃西-強18-21℃15mフードベスト
5mmフルスーツ

クマノミ

稲光・雨・風・波


三宅島に着いたら稲光が見えて、7時くらいに雨が強く降り出したのですが、
エントリーする頃には止んでいました。
しかし、強い西風が吹き海は荒れ気味です。
潜ることは出来ても、雨が降ったり波立っているので、浮遊物が多く透明度はいまいちでした。
状況から言って潜れるだけラッキーなのかもしれません。

温度差が・・・


エントリーした時は水温は21度くらいあったのですが、
しばらくすると辺り一面がモヤモヤしだして、
水温が一気に18℃くらいになり、震え上がってしまいました。


ジッとしていると寒いので、ウロウロ泳いでいたりしました。
もうロクハンの季節かもしれません。
クダゴンベ

2本目潜れず


2本目準備をしていると、ものすごい風が吹いていました。
ちょっと飛ばされそうになりながら、ポイントへ出発したのですが、
西風の時でも潜れると言う釜の尻に行ったらダメで、
島を一周してみてもどこも荒れていて潜れませんでした。


午前中潜れた大久保浜も凄く荒れていて、急激に海が悪化したんだなと思いました。
荒れる海

強風波浪注意報


部屋に戻り携帯のお天気サイトで三宅島の天気を調べてみると、
強風波浪注意報が発令されていて、風波とも昼過ぎがピークで、
西風17メートル、波高4メートルと言うのを読んで、思わず納得してしまいました。


午前中だけでも潜れてよかったです。






11月07日(大潮)
         満潮干潮満潮
潮時06:2811:3917:02
潮高158cm98cm163cm




この日撮影した壁紙費用



11月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

About 三宅島のログ

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「三宅島のログ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはケラマのログです。

次のカテゴリは井田のログです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ