伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

2005年のログ アーカイブ

2005年11月10日

2005年11月10日(木)大瀬崎のダイビングログ







大瀬崎32  2005年11月10日(木)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年11月10日(木)大瀬崎晴22℃北東-弱21℃外10m5mmフルスーツ
1.5mmインナー
フード

風は弱まり日差しがあったため、屋外でも気持ちよく過ごせました。

透明度イマイチ


秋はもう少し透明度が良いんじゃないかなと思っていたのですが、
大瀬崎の透明度はイマイチです。


魚が沢山いるのでもう少し明るい海ならば良かったのに・・・と思いました。

フードベストにすれば良かった


あまり考えずに「分かれていた方が着やすいかな・・・」位の気持ちで
インナーとフードを別々に買ってしまったのですが、
首周りからの水が入ってきて寒いことに気が付きました。
フードベストを着れば水温が、後1℃くらい下がっても行けるかもしれません。
しかし、フードベストを着ても陸上の寒さは変わらないのでやっぱり今度はロクハンで潜ります。

あのクマノミまだいた!


越冬するクマノミがまだ元気に暮らしていました。
しかも、卵まで産んでいました。「本来は南の魚なのに凄すぎる!」
と思ったのですが、
「もしかして、地球の温暖化の影響なのか?」なんて事も考えたりしました。
10月なのに半袖で過ごせたり、強力な台風が上陸したりしていることを考えると
このまま地球の温暖化が進んだら、伊豆でテーブルサンゴが見られるなんて事もあるのでしょうか・・・。




下調べこの日撮影した壁紙費用


11月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年11月 9日

2005年11月09日(水)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎31  2005年11月09日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年11月09日(水)大瀬崎晴20℃南西-中21℃外10m内5m5mmフルスーツ
1.5mmインナー
フード

富士山

ものすごい西風が吹いているのかと思っていたのですが、
それ程でもなくホッとしました。
富士山の雪が多くなっていてイメージ通りの富士山になっていました。

波立つ柵下


大瀬で穏やかな海に潜れると思っていたのですが、
柵下は西風の影響で若干波立っていました。
スロープはコケに覆われて滑りやすく、ビビリましたが
「先週の海洋公園の事を思ったら大した事ないいかもと・・・。」
チョッとした余裕ができ意外とすんなりとエントリーできました。


海況は徐々に悪くなっていきエギジットするときにはうねりが入ってきたらしく、
海全体が揺れていました。ゆらゆらしていたら、若干ゲロっときてしまいました。

表スキンが良いな・・・


水の中は寒くは無かったのですが、
ウェットスーツの表ジャージに染み込んだ水分に風が当たり
気化熱で体温が奪われてしまうため、かなり寒かったです。
この時期は水の中より海から上がった後の方が寒いです。
ロクハンの出番が来たようです。


しかし、表スキンなら5mmでもまだいけるはず・・・。
5mmの表スキン内リペルのスーツを新調したいです。


応急の対策として、
ウェットスーツの上から100均の雨合羽を着たら結構良いかもしれません。
かなり格好が悪そうですが・・・。

湾内のすごい群れ


潜行してすぐのゴロタ付近水深3~4mくらいのところにワラサがグルグルと群れていて度肝を抜かれました。
ワラサの群れは今までも見たことがあるのですが、目の前を一瞬サーっと通り過ぎる感じでした。
しかし、今回は目の前をグルグルうごめいている感じで、じっくりと間近で水族館のように観察することができました。


その他にもタカベ・キビナゴ・クロホシイシモチの幼魚が、ものすごい数で群れていました。
魚影が濃いとは今回のようなダイビングを言うんだなと思いました。










下調べこの日撮影した壁紙費用
11月08日

費用


11月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年11月 1日

2005年11月01日(火)伊豆海洋公園のダイビングログ






海洋公園23  2005年11月01日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年11月01日(火)海洋公園晴18℃東-中22℃20m5mmスーツ
1.5mmショートジョン
フード


雲一つ無い正真正銘の快晴でした。太陽の光は暖かいのですが、風が冷たく手足が冷えました。
水面休息の時もウエット姿では寒そうなので用意した新しい水着を着て服に着替えました。


海の中はペラペラの5mmにインナーとフードで暖かく潜れました。

エントリーでビビる


1ヶ月ぶりのダイビング&1年ぶりの海洋公園&東よりの風による風波で1本目のエントリーはかなり
アップアップしてしまいました。「溺れていると思われてもおかしくないんじゃないか?」位な感じでした。


エントリー前に「久しぶりの海洋公園なのに波立っている・・・」と言う恐怖心にとらわれたらしく、
ビクビクしながらエントリーしたためだと思われます。
2本目は落ち着きを取り戻し波のタイミングを見る余裕が出て比較的余裕を持ってエントリーできました。

エギジットも・・・


1本目はエギジットもダメダメでロープを発見した途端に波のことを考えずにしがみ付いてしまったため
波のパワーを体で受け止めるような形になってしまい怖かったです。

タンクをはずし、ふとダイコンを見ると傷が!買ったばっかりなのに・・・。


こちらも2本目はある程度余裕が出てきて波に身を任せ波の勢いが弱まったところで
ロープにつかまり比較的スマートにエギジットすることができました。


大瀬崎とはまた違う緊張感のあるダイナミックさですが、

ある程度余裕が出てくると「こんな感じのエントリーエギジットも楽しいかも・・・」と思ってしまったりします。

綺麗な海


砂が白く晴れていたためとても気持ちのよいダイビングとなりました。
特に生き物を見なくても中層をふわふわと泳ぐだけでも、十分楽しめました。


とは言っても生き物もたくさんいて
キビナゴの群れがキラキラと綺麗だったりマダラハナハゼと言う珍しいものが見れたり
タテジマキンチャクダイの幼魚やツユベラの幼魚・ミナミハコフグなど死滅回遊魚も見れました

IQ-700なかなか良いです。


始めて使った日に傷を付けてしまったIQ-700ですが
なかなか良いです。今まで使用していたデータトランスがデカくて重かったためIQ-700を軽くて小さいと感じてしまいました。
水中での表示も水深・無減圧潜水時間・ダイブタイム・浮上速度バーグラフが表示されます。
今までの様に残圧データを加味した後どれくらい空気が持つかは表示されませんが、
それよりも、無減圧潜水時間の方が重要だなと思いました。


ログ付けの時も、平均水深が表示されたのが嬉しかったです。あと、潜水開始時間と共に潜水終了時間が表示されるのが便利でした。

海洋公園にお風呂が出来る???





10月31日下調べこの日撮影した壁紙費用


10月のログ , 2005年のログ , 海洋公園のログ

2005年10月11日

2005年10月11日(火)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎30  2005年10月11日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年10月11日(火)大瀬崎雲21℃北東-中21℃外15m内5m5mmフルスーツ


2日前くらいの予報で降水確率80%だったのですが、実際は曇りでした。
2本目エントリーする時には雲が薄くなったところから太陽が見え、地面に影が見えました。
必ず雨が降ると思っていたので、曇りは嬉しかったです。

ダイコン壊れる


器材をセッティングしてダイコンのボタンを押したのですが、何も映りません。「電池切れ?」と思い、
ずっと前に買った電池に交換してみてもつきません。
思い返してみるとこの前
おかしな表示が出ていました。
再起動したら直ったものの
やっぱり壊れていたようです。

そして、なぜそんなことになったのかを考えるとダイコンを1m位の高さからコンクリートに落っことしたことを思い出しました。

多分ダメでしょう・・・


普通は、ものが壊れると悲しいものなのですが、このダイビングコンピュータに関しては悲しくはありませんでした。

なぜならば・・・

残圧が表示されなかったり

コンピュータを忘れると残圧が分からなかったり

したので

残圧計が欲しくなり

買ってしまったため
「やっとこれと縁が切れる・・・」とまで思ってしまいました。

ちょっと寒い


4年も着込んだペラペラのウェットスーツでは寒かったです。水中でガイドさんに「寒い?」と聞かれたのですが、「寒い」と答えるとダイビングが終わってしまうので、
「寒くない」と答えました。「寒い」と言っても、ブルブル震えたり、唇が紫になるような寒さではありませんでしたが、フードベストなどがあれば快適だったと思いました。

餌付けは怖い


湾内を潜っていたら餌付けをしているようで、ダイバーの手にもの凄い勢いでイシダイの幼魚が群がっていってました。
その興奮したイシダイたちは、「人間は餌をくれる」と誤解してしまったようで、
餌付けをしていない私達に付きまとい、手や足・ゲージやカメラなどを突っつきまくっていました。
手で払っても払っても逃げないので段々怖くなってきました。
餌付けは止めてください・・・。

タカベのもの凄い群れ


外海の柵下でもの凄い量のタカベが群れていました。数が多すぎて海の中が暗く感じられるようでした。


タカベの群れはイサキの幼魚の群れを食べようと突進していました。

そのタカベの群れにはカンパチが食べようと突進していました。
そして、帰りに沼津港の丸天でカンパチの刺身定食を食べてしまいました。
まさに食物連鎖







下調べこの日撮影した壁紙費用
10月10日

費用



10月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年7月 1日

2005年7月1日(金)ケラマのダイビングログ




ケラマ18  2005年7月1日(金)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年7月1日(金)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ


ボートで移動中カメの交尾シーンを目撃してしまいました。
カメは海面まで上がってきてするそうです。写真を撮ろうかと思ったのですが、慌てていて撮れませんでした。

アンカー無いの??


アンカーがあるとゆったりと潜れて楽しいのですが、
昨日からなぜかアンカー無しで潜行浮上するようになってしまいました。
アンカー無しで潜る時は合図で一斉にエントリーして
素早く船から離れます。そして船との距離が十分取れたのを確認してから
ガイドさんの合図で潜行します。
これがなかなか緊張感があって、ドキドキしてしまいます。
そう言うところは流れがあったりしてさらにドキドキしてしまい。
海底に着いてからしばらくの間は息が上がってしまっています。
こういうスタイルに慣れることが出来るのでしょうか・・・。

オニヒトデ


ガイドさんはオニヒトデを見つけると潰していました。
2年前は網に入れて土に埋めていたのですが、
最近はその場で潰したり切り刻んだりするようです。
オニヒトデは強くて半分に切ったくらいでは死なないそうで、
内蔵を魚に食べさせて再生出来ないような感じにすると良いそうです。
それまではその様子を見てるだけだったのですが、
オニヒトデが沢山あったポイントがあって、
ガイドさんや常連さんが一所懸命退治している姿を見て自分も退治してみたくなりました。
「退治したくても道具がないな・・・。」と思っていたところ、
ちょうど良いところに
使えそうな死んだサンゴがありました。
それを使ってほじくり出して退治のまねごとをしてみました。
今まで必要性は感じなかったのですが、つんつん棒買っちゃおうかなと思いました。


6/25下調べこの日撮影した壁紙費用


7月のログ , 2005年のログ , ケラマのログ

2005年6月30日

2005年6月30日(木)ケラマのダイビングログ




ケラマ17  2005年6月30日(木)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年6月30日(木)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ


高所恐怖症


アンカー無しで潜ったりしたので浮上する時も、なんにも手がかりが無く
自分でコンピュータを見ながら水深を管理しました。
5m位のところで安全停止をしている時、ふと下を見ると
水中なのにもかかわらず「高い・・・。」と思ってしまいました。
私は、高いところが苦手でこのまま行くと最悪の場合パニックになるかもしれないと思ったので
「ここは水中だから・・・落ちないから・・・」と自分に言い聞かせました。
それからは大丈夫になりましたが恐ろしいほどの透明度でした。

サメ


サメの姿は大昔から変わっていないそうなのですが、進化していないのではなく、昔から完成されているからだそうです。
そんな豆知識なんかどうでも良くなるほど、サメの泳ぐ姿は本当に格好いいです。
そんな格好いいサメが3匹も一度に見ることが出来ました。
サメのお気に入りの穴があってその中に既に2匹寝ていてそこへもう1匹が入ってきて
穴の中が窮屈になったのか3匹とも出て行ってしまいどこかへ行ってしまいました。


洞窟


暗い洞窟の中に太陽の光が差し込んできて、とても綺麗でした。
「幻想的」とか「神々しい」とか言う言葉がピッタリの光景でした。





下調べ6/25この日撮影した壁紙費用



6月のログ , 2005年のログ , ケラマのログ

2005年6月29日

2005年6月29日(水)ケラマのダイビングログ




ケラマ16  2005年6月29日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年6月29日(水)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ


カメの真上を通り過ぎる


ガイドさんから「この辺で自由に見て回って良いよ」みたいなサインがあったので
ウロウロしていたら、突然カメが飛び出してきました。
「エッなんで??」と思いながら追いかけて撮影してしまいました。
どうやら、私がカメがいるの知らないままカメの上を通り過ぎようとしたのを
カメが我慢出来ずに逃げ出したようです。
「カメもあと5秒くらいじっとしていれば誰にも発見されずに済んだのに・・・」
と、追いかけ回しておいてそんなことを考えてしまいました。

エアー少ない


アカククリをツバメウオと勘違いして一所懸命撮影していたら
ガイドさんから「行きますよ」の合図がありました。
何気なく残圧を見ると少ない・・・。

水深を見ると意外と深い・・・。

「こんなに深いのにずいぶん明るい。」と感心しながら
エアーを持たせるために中層を泳ぐことにしました。


深くても明るいので水深に気をつけなければなと思いました。




下調べ6/25この日撮影した壁紙費用




6月のログ , 2005年のログ , ケラマのログ

2005年6月28日

2005年6月28日(火)ケラマのダイビングログ




ケラマ15  2005年6月28日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年6月28日(火)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ


昨日よりも大分落ち着いて潜れるようになったような気がします。
やはり泊まりがけでゆったりとしたスケジュールで潜るのは楽しいです。

ジリジリと突き刺さる


相変わらず天気が良いです。
日光に当たると「ジリジリ」と音がするようで、
日焼け止めを頻繁に塗っているにもかかわらず、既に日焼けし始めました。
太陽に背を向けようとするためか首の後ろと背中が良く焼けています。
日焼け止めと、日焼け跡のアロエジェルは必需品だなと思いました。

3ダイブ電池無交換に挑戦


200万画素のカメラなので256MBのメモリーを入れると256枚撮れます。
どれだけ電池が持つのか実験してみたかったこともあり
電池を交換せずに3ダイブ目の撮影をしてみました。


撮影中はほとんどフラッシュを強制発光させていて
2本目までで130枚くらい撮影していました。


3ダイブ目エントリー後10枚くらい撮影した後バッテリーサインが出ました。
「今日はカメラおしまい」と思いカメラのことを忘れて景色を見ていたのですが、
10分ぐらいしてからスイッチを入れてみると電源がついたので
また撮影を再開して15枚くらい撮ったところで本当に電池が無くなったようです。
結局電池無交換で155枚撮れました。
1ダイブあたり50枚撮れるので十分なような気がしましたが、
せっかくなので、2ダイブ目と3ダイブ目の間に電池交換しようと思いました。

カメを見る


慶良間で潜る楽しみの一つにカメを見ることがあります。今回は2日目にして目撃出来ました。
幸先がよいです。








下調べこの日撮影した壁紙費用
6/25



費用


6月のログ , 2005年のログ , ケラマのログ

2005年6月27日

2005年6月27日(月)ケラマのダイビングログ




ケラマ14  2005年6月27日(月)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年6月27日(月)ケラマ晴30℃南-中27℃30m5mmスーツ


那覇からフェリーで移動し、到着後送った荷物をほどいて器材の準備とあわただしく、
落ち着く暇もなく海に入っていたような感じでした。
本当に天気が良く、
朝方パラッと雨が降ったのですが、それ以降雨は降りませんでした。
初日に梅雨明けするなんて見事なタイミングで嬉しかったです。

1本目


何処へ行ってもそうなのですが、1本目というのは大体訳が分からないうちに潜っていて何かしら、あたふたしてしまいます。
今回は、
ウェイトがちょっと違っていたようで、潜る前の慌ただしさを引きずったりもしていたので、落ち着いて潜れませんでした。

透明度が良くて暖かい


まあ、当たり前と言えば当たり前なのですが
やはりこの暖かさと透明度には毎回感動してしまいます。
中層を泳いでいても底の方までスッキリと見渡せるので飛んでいるような気分になります。

写真の工夫


去年撮影モードをオートにして撮影したら海が明るすぎてフラッシュが点かず、
ほとんど青っぽい画像になってしまいました。
「今年は何とかしなければ・・・。」と考えたあげく


・プログラムオートにして


・フラッシュを強制発光


・ISO感度を50に


・ホワイトバランスを曇り

にして撮影したら去年よりは全然良い写真が出来ました。





6/25下調べhttp://blog.sunahama.jp/2005/07/2005627_1.html費用


6月のログ , 2005年のログ , ケラマのログ

2005年6月15日

2005年06月15日(水)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎29  2005年06月15日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年06月15日(水)大瀬崎雨20℃北東-強17℃8mロクハン


朝方雨が降っていなかったため、「曇りのままで一日持つかも・・・」と言う淡い期待を裏切るように、かなり本格的な雨が降ってきました。
しかも、風が強くちょっとした嵐のような感じになりました。
気温は20℃でそれほど寒くはないと思うのですが
昨日が夏のような天気だったためにギャップが大きく肌寒く感じました。

雨が降ると快適


晴れていた方が何となく気分的にも良いのですが
ロクハンを着ると暑くてたまりません。

しかし、今日は雨が降っていたためロクハンを着ても快適でした。
洋服を着ている時に雨に当たるのは不快なのですが、
ロクハンを着て雨に当たっても嫌な感じはしなかったので
雨に当たりながら海を眺めたりしていました。


ダイビングコンピュータを再起動


一日経てば直るのかなと思ってそのまま一本目を潜ったのですが、
「VIOLATION」と言う表示が出てきて減圧計算をしていないようです。
「これは困ったな・・・」とあれこれ考えているうちに
ダイコンもパソコンと同じように再起動すれば直るのではないかと思いました。
幸い私の持っているコンピュータは十円玉一つで電池交換が出来るので
電池を取り外して再度電池を入れてみるとリセットされていました。
本来は1本目と2本目の間に電池の交換をしてはいけないのですが、
元々コンピュータとして機能していなかったので良いかなと思いました。

海は白っぽい


そう言えば、「台風の後劇的に透明度が良くなる事がある」と言う噂を聞いたことがあるのですが、
今回は白っぽく濁っていました。




この日撮影した壁紙費用



6月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

About 2005年のログ

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「2005年のログ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは2004年のログです。

次のカテゴリは2006年のログです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ