伊豆の海中待受
初心者ダイバーの気持ち ~スキューバダイビングの不安や疑問~
ダイバーになる前 ダイバーになる時 ダイビング費用計算
沖縄 ダイビングログ 伊豆の海中壁紙
水中デジカメ 器材 最近のblog
アクセスランキング 耳抜き 前のblog

メイン

5月のログ アーカイブ

2007年5月17日

2007年05月16日(水)三宅島のダイビングログ






三宅島012 2007年05月16日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2007年05月16日(水)三宅島晴20℃東-弱19℃10m5mmスーツ
フードベスト

海は昨日より凪いでいたようだけれど、濁りは酷くなっていたようでした。

今日も、富賀浜で潜ったのですが、いろんな意味で本当に凄いポイントです。
黙々と一歩一歩慎重に歩を進めてやっと海面について、
帰りも同じように慎重に帰ってきます。

富賀浜のゴロタの上で考えていること


ゴロタの上を歩いている時は、
次に足を乗せる石を見つけては、ちょっとだけ足を乗せて滑らないかどうか、石が転がらないかどうかを確かめながら進みます。


確かめると同時に、


「転んで、骨折したらヘリコプターで運んでくれるだろうか・・・」


「痛い思いをしながら、東海汽船を乗るのかな・・・」


「開放骨折なら運んでくれるだろうけれど、単純骨折や靱帯切断ならどうかな・・・」


「でも、観光客だから特別な扱いを受けられるかな・・・」


などと、妙なことを考えてしまいます。


そんなことを考えながら歩いているので、
崖に作られた木製の階段を上り、駐車場にある車の前で器材をおろすと、
正直
「あ~無事に帰ってこれたぁ」とホッとします。


今回はそれほど透明度が良くありませんでしたが、テーブルサンゴがあったり回遊魚がいたりと本当に凄いポイントです。

ツバメウオ

アカククリをツバメウオと勘違いた事があるので、ツバメウオだと言われてもアカククリなんじゃないかと思ってしまいます。
で、アカククリとツバメウオの違いは何かというと、口がとんがっている物がアカククリで、そうでもない物がツバメウオらしいです。
その他にも、アカククリは成長する程上下のヒレが短くなっていく、幼魚の時は真っ黒でオレンジで縁取られているらしいです(だからアカククリ)。
と言う違いがあるようです。


今度海で見た時は自信を持ってアカククリとツバメウオの違いを見分けたいと思います。






05月16日(大潮)
         満潮干潮満潮干潮
潮時03:3710:3117:2622:45
潮高145cm-1cm145cm83cm






この日撮影した壁紙 費用

5月のログ , 2007年のログ , 三宅島のログ

2007年5月16日

2007年5月15日(火) 三宅島のダイビングログ





三宅島011 2007年05月15日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2007年05月15日(火)三宅島晴20℃南西-強19℃10m5mmスーツ
フードベスト

去年の12月6日以来、
半年ぶりのダイビングになりました。

いきなり富賀浜


富賀浜の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

段々海が荒れてくるかも知れないと言うことで、
いきなり富賀浜に潜ることになりました。

富賀浜はサンゴがとてもきれいなポイントなのですが、

テーブルサンゴの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

崖を階段で降りて、人間ほどの大きさがあるゴロタの上をよたよた歩いていきます。

万一転んだら、ただではすまない感じですが、
それでも、それに見合うだけの海です。

沖には白波が立ち、風も10mほど吹き、あまり良いコンディションとは言えませんでしたが、
壮大なテーブルサンゴも見れて、カメも見れて、カンパチも見れてと・・・。
盛りだくさんのダイビングでした。

午後は大久保

午後は、海の調子が悪くなり、大久保浜に行きました。

大久保浜の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

大久保浜は浮遊物が舞っていてあまり透明度は良くありませんでしたが、
それでも10mは見えていました。

海底の砂に茶色っぽいなコケがベッタリと張り付いていたのですが、
どうやら、
最近、黒潮が遠のいているので、潮が止まっているらしいです。
潮の流れが無いので砂がかき混ざらないんだなと思います。

ニザダイの群れはすごい数で見ていて面白かったです。

ニザダイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

05月15日(大潮)
         満潮干潮満潮干潮
潮時03:0609:5016:3422:02
潮高140cm14cm140cm75cm

この日撮影した壁紙費用

5月のログ , 2007年のログ , 三宅島のログ

2006年5月31日

2006年05月31(水)三宅島のダイビングログ






三宅島4  2006年05月31(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年05月31(水)三宅島晴25℃西-弱22℃15mフードベスト
5mmフルスーツ

残念ながら・・・


昨日もの凄い風が吹いていたのですが、朝にはピッタリと風が止んでいました。
風が無くなったので、富賀浜や学校下というポイントを見に行ってみたのですが、
微妙に波があったので大久保浜で潜ることになりました。


富賀浜というポイントを上から眺めたのですが、大久保浜より砂の色が白いようでとても青く綺麗な海に見えました。
ほとんど崖みたいな所を階段で下りて、岩がごつごつしているところをエントリーするのは大変そうですが、
潜ってみたいなと思いました。このポイントに潜るには、もう少し待たなければ行けないみたいです。
大久保浜の根の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

今日は暖かい海でした。


海の天気図を見てみると、
三宅島付近に黒潮が来たり離れていったりしているみたいです。
黒潮が来ると海水温が22~3度になり、離れていくと17~8度になるみたいです。なので、昨日は海の中で暖かくなったり寒くなったり忙しかったのですが、
今日はずっと暖かいままで水温も22度でした。

綺麗な根の上


大久保浜の根の上はいろんな生き物や海藻サンゴ類が色とりどりでとても綺麗でした。
その根を進んでいくとドロップオフがあって根の上からストンと落ちた海底を見ると自分が空を飛んでいるようで、楽しかったです。







5月31日(中潮)
         干潮満潮干潮満潮
潮時01:0406:0113:1620:55
潮高105cm142cm17cm135cm




この日撮影した壁紙費用費用


5月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2006年5月30日

2006年05月30日(火)三宅島のダイビングログ






三宅島3  2006年05月30日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年05月30日(火)三宅島晴25℃南西-強18℃15mフードベスト
5mmフルスーツ

アオリイカの産卵の壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

今回も荒れ気味


船が着いたときに雨が降っていたものの潜るころには日が差していました。西風がかなり吹いていて、波が少し立っていました。
海の中は少し流れていたり、うねっていたりしていました。波に揺られながらのダイビングだったため潜り終わった後、気持ちが悪くなっていました。


そういえば、3月に来た時も西風が強く吹き潜れるところが大久保浜と釜の尻くらいと言うことだったのですが、今日もそうなってしまいました。

暖かかったり、寒かったり


三宅島の南をかすめるように黒潮が通っているため暖かい潮と冷たい潮が入り混じって、寒くなったり暖かくなったりと温度変化が激しかったです。
水が冷たくなると18℃くらいになり、ペラペラになった5mmでは辛いものがありました。
マダラエイの壁紙【伊豆の海中壁紙 水中写真を壁紙にしました!】

デカイ


大久保浜にはアオリイカの産卵床が設置してあって、卵が所狭しと産んでありました。残されたスペースは少ないのですが、さらに多くのイカたちが産卵に来ていました。
三宅島で見たアオリイカ達は海洋公園や大瀬崎で見るものよりも一回り大きいような気がしました。


でっかいイラがホンソメワケベラにクリーニングされていました。気持ちよさそうな顔をしていました。


釜の尻では大きなカメと大きなマダラエイに遭遇しました。両方とも1m位はあったような気がします。







5月30日(中潮)
         干潮満潮干潮満潮
潮時00:2405:2612:3420:14
潮高103cm145cm6cm139cm




この日撮影した壁紙費用


5月のログ , 2006年のログ , 三宅島のログ

2006年5月17日

2006年05月17日(水)伊豆海洋公園のダイビングログ






海洋公園24  2006年05月17日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2006年05月17日(水)海洋公園雲/雨18℃東-中18℃5~10mロクハン

海洋公園のお風呂

お風呂が出来ていました。


大きさは結構なもので、一度に20人くらいは入れそうです。お風呂の周りで足の泥を落とせるようになっていたり工夫されていました。
体が冷えた時に熱いシャワーを浴びても温まることが出来るのですが、やはりお風呂にはかないません。例え夏でも海に入れば体が冷えるのでお風呂はとても嬉しいです。

防犯カメラ付きカメラ水槽


水漏れ気味だったカメラ用水槽も新しくなっていました。この水槽もいろいろと工夫されていてカメラを引っかけるフックが付いていたり、
盗難防止用の防犯カメラが設置されていたりしました。

潮が引いていて大変でした。



干潮の時間がお昼頃でエントリーやエギジットがとても大変でした。
午後にはうねりが入り始め、軽く波にもまれました。
家に帰ってきてから膝を押すと違和感があったので打撲していたようです。
干潮の時間がお昼頃だと大変です。

アオリイカの産卵床


砂地にアオリイカの産卵床を設置するため午後は進入禁止になっていました。どうやって設置するのかと思ったら
おもりを付けた木の枝を船から投げ込むようです。しばらくしたらアオリイカの産卵が見られるんじゃないかと思います。
楽しみです。

春濁り


この時期は仕方ないとは思うのですが、濁っていました。
2本目はうねりが出てきたからか、さらに濁ってしまったような気がしました。





この日撮影した壁紙費用

5月のログ , 2006年のログ , 海洋公園のログ

2005年5月11日

2005年05月11日(水)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎24  2005年05月11日(水)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年05月11日(水)大瀬崎晴20℃北東-弱17℃10mロクハン


昨日と反対の東よりの風になったので、湾内が少し波立っていて外海は静かでした。
潮が引くと潜りにくくなるので、今日は1本目を外海2本目を湾内という感じで潜りました。

上は移動後に


昨日はロクハンを着てから移動したらオーバーヒートしてしまいました。
なので、今日は下だけ着て移動して上はポイントに到着してから上を着たらオーバーヒートせずに快適に潜れました。

柵下のドロップオフ


柵下のドロップオフは透明度が良くて晴れていると、とても綺麗な景色です。
この時期は春濁りで少し残念だったのですが、それでも良い景色でした。


もの凄い数のクロホシイシモチが群れていました。今までに見たこともないような数で圧巻でした。
この付近は水深35m位なのですが、若干先端方向に流れていてちょっと怖かったです。

2日目の余裕


昨日は久しぶりのダイビングだったので、思い出しながら潜るという感じですが、
2日目は何かと余裕を持って潜ることが出来ます。やはりダイビングは間を開けずに潜るのが楽しいと思いました。

ウサギトラギス


ウサギトラギスという魚が大瀬崎で流行っているそうです。一見地味ですが光が当たるとキラキラ光って結構綺麗です。

メスが近づくと求愛のポーズとして黒くて長い背びれをピョコピョコと立てるそうで、そこがシャッターチャンスらしいです。
撮影出来ませんでしたが、目撃することは出来ました。





下調べ5月09日この日撮影した壁紙費用


5月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2005年5月10日

2005年05月10日(火)大瀬崎のダイビングログ






大瀬崎24  2005年05月10日(火)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2005年05月10日(火)大瀬崎晴23℃南西-弱17℃10mロクハン

アオリイカ


湾内の産卵床にアオリイカの卵が沢山付いていました。
さらに卵を産みに来ているアオリイカのペアが6~7組くらい来ていたと思います


そう言えば、「台風が沢山来る年はアオリイカは深場に卵を産む」と聞いたことがあります。
その噂が本当だとすると、今年の台風は少ないと言うことになるかもしれません。

春の海


春になると、海底に海藻が生えてきて水中には浮遊物が沢山出てきます。
しばらくは、浮遊物の影響で透明度が悪くなるもようです。

暑くて溺れそうになる・・・。


ロクハンを着てから外海まで台車を押して歩いていったのですが、途中でもの凄く暑くなってしまいました。「もうそろそろ着くから・・・」と
我慢していたのですがエントリーする頃にはオーバーヒートで意識が遠くなっていくように感じました。


オーバーヒート気味で早くエントリーしたいなと思ったのですが、潮がもの凄く引いていて足下がおぼつかず苦労しました。
やっと腰まで水に浸かったと思ったら風向きが南西で少し波立っていたため、
シュノーケルをくわえてフィンを履く時に後ろに倒れて水を飲み溺れそうになりました。

間違いの始まりはロクハンを早く着すぎたことだと思われます・・・。

人なつっこいマダイ


湾内を潜っている時マダイが近づいてきてずっと周りをウロウロしていました。
泳いでいる魚を撮影しようとしても、大抵はピントが合っていなかったりブレてしまったりするのですが、
何度も撮影するチャンスがあったため良い感じの写真が撮れました。

日焼けが出来ました。


1本目を終えてウエットスーツを脱いだら、風が吹いていたので少し肌寒いなと思いました。
しかし、セームで体を拭いて乾かしたら結構過ごしやすかったので、2本目を潜るまで水着のまま日焼けをして過ごしました。
海の季節が始まっています!!



下調べ5月09日この日撮影した壁紙費用



5月のログ , 2005年のログ , 大瀬崎のログ

2003年5月19日

2003年5月19日(月)城ヶ島のダイビングログ





城ヶ島1 2003年5月19日(月)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2003年5月19日(月)城ヶ島雨18℃北東(弱)18℃13mロクハン

曇で雨は降らないだろうと期待していたのですが、ほとんどやむことはなくずーっと雨が降っていました。

やっぱり焦ってました


ログを見てみると前回のボートダイビングは半年以上前でした。
ボートダイビングは一気に深い所に行くので、「ゆっくり潜行して耳抜きをこまめにして行かないといけないな」と思っていたのに、どんどん潜行してしまい耳抜きが追いつかなくなってしまいました。
で、久しぶりに鼻血を出しました。

魚河岸系ダイビング


今日、見た魚を振り返ってみると・・・
小さいイワシの群、マアジの群、大きいカンパチ、伊勢エビ、メバル、アワビ、アナゴ、と言う感じで、
魚の市場に来たような感じでした。

後、ボートでポイントに向かう途中まぐろ漁船から冷凍のまぐろを水揚げしていたり、カツオの一本釣り漁船を見ることが出来ました。

地形が見られました。


前日の日刊城ヶ島ではかなり透明度が良いと言うことでした。しかし、今日は
プランクトンみたいな奴が、沢山いて濁っていましたが、城ヶ島の素晴らしい地形を満喫することが出来たので良かったと思います。
ガイドの人の話だと、雨が降り続く梅雨などは、東京湾から川の水が入ってきてもの凄く濁ることがあるそうです。透明度1mとか言う時もあるそうです。

ウミウシいっぱい


私は岩にへばりついて、ウミウシを見たりするのが嫌いです。
しかし、城ヶ島ではウミウチワに花が咲いたようにウミウシが付いていたりしてキレイでした。
大瀬崎でウミウシを探すのは大変ですが、城ヶ島では沢山いるので泳ぎながら見ることが出来ました。

費用



5月のログ , 2003年のログ , 城ヶ島のログ

2002年5月25日

2002年5月25日(土)伊豆海洋公園のダイビングログ




2002年5月25日(土)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2002年5月25日(土)海洋公園晴25℃19℃15m5mmスーツ・ラッシュ上
1.5mmショートジョン

デジカメデビューをしました。今日はどんな写真を撮るかではなくカメラを生還させる事に、神経が行ってしまいました。
エントリー・エグジットの時カメラを壊してしまわないかとても心配でしたが、BCにカラビナでカメラをぶら下げ、
両手を確保することでスロープのロープにしっかりつかまる事が出来ました。水面休息の時にOリング付近に小さな水没の後らしきものを見つけたため
思い切ってハウジングを開けて調べてみるとホコリが噛んでいました。「危ない危ない・・・」それをふき取り2本目も持って入りましたが無事でした。
カメラを持つと後々思い出は残りますが、視野が狭まり潜っている最中の楽しみは少し減る様な気分がしました。
ダメダメ写真しか撮れない様な気がしていましたが、カメラを買った事を後悔しないくらいの写真は撮れました。
今日の鼻の調子は良く、耳抜きも成功して鼻血も出ませんでした。

この日撮影した海中壁紙

費用



5月のログ , 2002年のログ , 海洋公園のログ

2002年5月 6日

2002年5月6日(月)琴ヶ浜のダイビングログ






2002年5月6日(月)  このページのtopへ
日付場所天気気温水温透明度保護スーツ
2002年5月6日(月)琴ヶ浜雲/晴20℃18℃5m5mmスーツ・ラッシュ上
1.5mmショートジョン・フード
今日は風と波が強かったためコンディションの回復を待ち、午後から1本だけ潜りました。
海の中はさっきまで、うねってていただけあって海底に砂が舞いあまりいい眺めとは行きませんでした。カメラが砂だらけになりそうだったので、
カメラは使いませんでした。今日は特に鼻の調子が良くて、耳抜きもしっかりと出来ました。今日は海の中はあまり寒さは感じませんでした。

費用



5月のログ , 2002年のログ , 琴ヶ浜のログ

About 5月のログ

ブログ「初心者ダイバーのブログ」のカテゴリ「 5月のログ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは 4月のログです。

次のカテゴリは 6月のログです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ